忍者ブログ

さがさないでください

日々是ダウナー一直線。
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

10.22.17:21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04.27.07:37

恐るべき18歳

プロ野球:ロッテ 6-1 ソフトバンク

いやあ凄かった。何が凄かったって、この試合先発した高卒ルーキーの唐川ですよ。ストレートは球速以上のすさまじいノビがありましたし、変化球もスライダー、カーブがいいコースにバンバン決まるし、何よりテンポがいい! ヒットを許しても動じることなく淡々と投げ続けるその姿は、とてもこの前高校を卒業したばかりの18歳とは思えず、プロで10年以上飯食ってるベテランのようでした(w ヒーローインタビューでの受け答えも実に堂々としたもの。でもそのあたりはもう少し初々しさがあってもよかったような(w

さすがに高卒ルーキーだけあって線がまだまだ細く、序盤のコントロールの不安定さやクイックが下手くそといった課題もありましたが、初登板でこれだけのものを見せられれば上出来でしょう。まだ18歳、怪我にだけは気をつけてこれからも順調に成長していって欲しいものです。そしてゆくゆくはロッテのエースに・・・・・・。
PR

04.20.23:45

BCリーグ観てきました

BCリーグ観にいって来ました。応援する富山サンダーバーズは残念ながら敗れてしまいましたが、久しぶりの生での野球観戦、なかなか楽しかったです。風が強くて少し寒かったけど、やっぱり屋外はいいなあ。野球観てるって感じがする。次行く時は勝てますように。

富山は投手が課題課題言われてましたが、今日の先発だった木谷はなかなかいい投手でした。球速こそ130km/h中盤ですがコントロールが良く、球の出所が見づらいフォームなので相手はなかなか打ちづらそう。問題は球威がないので長打を浴びると脆そうなところでしょうか。今日はコントロールが良かったけど、悪い時は大炎上しそうなタイプかも。

ちなみに石川の先発は元巨人。NPBでは無名のままチームを去りましたが、BCリーグではやっぱりものが違いました。常時140km/h前後出せてキレのあるフォークがあるんだからたまりません。序盤こそピンチを招いて1点を失いますが、その後は尻上がりに調子を上げて完投。去年のBCリーグは元NPBの投手がいなかったので、このクラスの選手がどれほどの成績を残すかがリーグのレベルを計る物差しになりそうです。しかし去年も防御率2点台の先発3人も抱えてたくせに、今年は元NPB投手を補強って石川どれだけ貪欲なんだw


ちなみにこの試合で一番面白かったのが、

1アウト1塁から投手ワイルドピッチ→捕手がボールを見失う→1塁ランナーが一気に3塁へ→捕手が3塁へ投げるも悪送球→ランナー本塁へ→三塁手が何とかボールを拾って本塁へ投げるもそれも悪送球→ランナー生還

1プレーで3つものエラーが出る(記録上はエラーは1つ)という凄まじさは、珍プレー好プレー賞があれば間違いなく珍プレー大賞ものの面白さでした(w 問題があるとすれば、それをやらかしたのが富山の選手だったというところでしょうか。次は頑張ってください。

04.09.00:40

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の・・・

ロッテ 3 - 4x 西武
この前サヨナラ勝ちしたと思ったら、その次はサヨナラ負け。まあこんなもんですよねえ。
しかしキャッチャー橋本のリードは素人目ながら納得できない。なんで勝負どころで判を押したかのように外角ばっかり投げさせるのか。2ちゃんでも案の定猛烈な勢いで叩かれてるし・・・・・・サヨナラ2ランを打たれた荻野の出来は悪くなかっただけに、余計その思いが強いです。里崎早く帰ってきて、もしくは田中雅使って・・・。

ちなみに今日のタイトルはノムさんこと野村監督の有名なセリフです。知らない人はググってみてください。

03.21.02:53

これがロッテクオリティ

3/20(木) ロッテ 0-1 日ハム
相手がダルの時点で点は簡単に取れないだろうというのは思ってましたけど、ここまで予想通りにいくとは・・・・・・。確かに1、2回は150km/hのストレート連発は、コントロールも抜群はで完璧でしたけど、3回以降は明らかに球威もコントロールもガタ落ちでいくらでも付けこめそうだっただけになおさら。苦手意識の強さというのをこれでもかというほどに感じました。
あと攻守で足を引っ張ったのは西岡。こんなこと言ってた影響でしょうかやたら大振りが目立って2三振するわ、5回の2死満塁の大チャンスでもファーストゴロで凡退するわ、6回1死2塁からは打ち取った当たりをエラーかまして先制点のきっかけをつくるわ・・・全くいいところありませんでした。でも5回のあれはセーフだった気もするんですがねえ。審判の微妙な判定にも泣いた格好です。

これ以上書いても愚痴ばかりになるのでここまで。明後日からの試合は、もうちょっとスカッとする試合を期待したいものです。とりあえず試合の結果に直結するようなエラーやミスだけは勘弁してください。

しかし今日一番悲惨だったのは抑えが逆転3ラン食らってサヨナラ負けした楽天ファンだろうなあ。

03.20.04:45

08年 パリーグ順位予想

開幕直前なので、パリーグの順位予想を。あくまで客観的に見た意見です。

1位 ソフトバンク
2位 日ハム
3位 ロッテ
4位 西武
5位 楽天
6位 オリックス

1位はソフトバンク。斉藤、和田の左右エースに抑えの馬原が離脱してもその穴を感じさせない投手陣は「おかしい」の一言。それに比べると野手陣はやや層の薄さを感じさせるも、昨年不振の多村、松中が本来の打棒を取り戻せばこちらも脅威。王監督が「今年で最後」と明言していることも、選手の発奮を促しそう。

2位は日ハム。絶望的な貧打は相変わらずも、ダルビッシュを中心とした投手陣は今年も健在。少ないチャンスを確実に点に結びつけ、少ない点差を守り抜く戦い方はかつての常勝西武のような凄みを感じさせる。監督が代わったのが不安材料だが、そう簡単にBクラス転落はないか。

3位はロッテ。YFKが抜けた影響が盛んに言われているが、そもそも去年は藪田以外は足を引っ張っていたというのが実情なので、言われるほど大きな影響はないか。とはいっても抑えを確立することの難しさは過去の歴史を振り返っても明らかで、もし抑えがシーズン半ばになっても決まらないような有様であれば、リリーフ陣がガタ崩れになる可能性も。
野手陣も早川が実質2年目のジンクスの不安、サブローは隔年の働かない年、ズレータも昨年から衰えの気配を見せるなど、不安材料が多い。

4位は西武。和田、カブレラが抜けた打撃陣、質量共にやや足りない投手陣と不安材料は尽きないが、一昨年まで25年連続Aクラスを保ってきた常勝軍団なだけに、上手いことやりくりしそうな予感。外人が当るかどうかがチームの鍵を握りそう。

5位は楽天。先発投手が不足してるチーム事情なだけに、黄金ルーキー長谷部の怪我による離脱はあまりに痛かった。抑えも、筆頭候補だった小山がOP戦から絶不調。打線は投手陣ほどの心配はないとはいえ、昨年二冠王の山崎武が成績を持続できるかは疑問符なだけに、野村監督は今年も頭を痛めそうである。

6位はオリックス。打撃陣はカブレラ、濱中、古木と守備を度外視してまで強打者をかき集めただけに、ハマれば怖い。しかし投手陣がそれに比べると厳しすぎる。特に先発陣は昨年エースだった平野佳が右ひじの怪我で長期離脱、デイビーは右肩の炎症、岸田も背中を痛めるなど怪我人が続出。今年も厳しい戦いを強いられそうだ。


とりあえずこんな感じで。でも順位予想なんてアテにならないのが世の常なので、予想を180度覆すぐらいの驚きの展開を期待してます。というか自分ロッテファンなので正直この通りに行かれても困りますし(汗)。

03.20.01:25

球春、到来

明日は待ちに待ったプロ野球・パリーグの開幕戦です。ロッテの相手はダルビッシュなので勝てるイメージが全く沸いてこないのがちとアレですが、祝日なので家でゆっくりテレビ観戦したいと思います。せめて1、2点は取って欲しい・・・・・・。

03.02.05:28

海の向こうでもコバマサ劇場

インディアンス・小林雅、オープン戦1回無失点デビュー!

>2安打と二塁手の悪送球で、無死満塁のピンチを迎えたが、三邪飛、外野飛球に仕留め、最後はスライダーで空振り三振を奪った

さすがロッテの元クローザー、いきなりPZGSをカマしてくれるとはさすがです。これまで散々ロッテファンの寿命を縮めてくれた幕張の劇場王は、アメリカでもどうやら健在のようで。インディアンスファンの方は、今のうちに胃薬の準備をお忘れなく(w